ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
チェン・ミン discography
藤沢周平作品
SPONSORED LINKS

feel the moon 〜ミン友だより〜

二胡奏者のチェン・ミンさんの大ファンの私が発信するファンだより。 二胡関連の音楽や私の二胡練習記録など、、、、ミン友&二胡友の集まるブログになればいいな〜
<< 海坂藩の面影  | main | 海坂藩の面影 〜蝉しぐれ〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
海坂藩の面影 〜花のあと〜
評価:
藤沢 周平
文藝春秋
¥ 500
(1989-03)
花のあと『花のあと』は「旅の誘い」「悪癖」を除く短編6編は男と女のお話です。
元女郎が殺されてしまう話あり、出家した藩主の側妾が城に召される寸前まで許嫁たっだ男を助ける話あり、病弱な夫を不倫相手と共謀し殺しその罪を放蕩養子に見せかける話あり、、、、、、、しかし、悲哀に満ちた話のなかに何ともいえない”暖かさ”が感じられます。

鶴岡公園 花のあと今回の旅で主題の「花のあと」の舞台とされる場所を訪ねてみました。
 父親似の大きな口を気にする武家の娘で、娘ながら剣の道に生きる以登は 花見に行った際、不意に江口孫四郎に声をかけられ 淡い恋心を抱く。
その海坂藩城下の舞台となったのがここ鶴ヶ岡城址です。
この日はあいにくの空模様でとても寒く桜はまだ咲き始め、、、、、、残念ながら「花のあと」と言うよりは「花のまえ」でした。

水面にかぶさるようにのびているたっぷりした花に、傾いた日差しがさしかけている。
その花を、水面にくだける反射光が裏側からも照らしているので、花は光の渦にもまれるように、まぶしく照りかがやいていた。
豪奢で、豪奢がきわまって むしろはかなげにも見える眺めだった。
以登は去るのにしのびないような気持ちになっている。
これで、今年の花も見おさめかと、 胸に小さく吐息をついたとき、以登は背後に男の声を聞いた。


学生時代に何度も歩いた場所ですが 足を止めあらためてじっくり眺めた景色には「花のあと」の一文を思い起こさせるに充分な風情が今も残っていました。

湯田川絵図4もう1カ所は、温泉に保養に訪れた以登が孫四郎が婿入りした嫁 ”加世”と孫四郎の上司でもある藤井勘解由との不倫現場を目撃してしまった温泉のモデルとされる『湯田川温泉』です。
私のふるさと『温海温泉』以上にこじんまりした温泉街ですがここは映画「たそがれ清兵衛」の撮影がおこなわれたり、藤沢周平が教師として初めて赴任した地でもあります。

湯田川小のさくら孫四郎は藤井勘解由の策略で自殺に追い込まれ、それを知った以登は敵討ちをする事になる。
純粋な恋心だけでは決してそんな行動には結びつかないのかもしれないがそこは女子といえども「武士の一分」を以登は持ち合わせていたということでしょう。
その後、亭主の子をお腹に抱えた以登が初めて孫四郎に出会った時と同じく城内に花見に出かけるのだが”花の盛りと言うのにさびしい色にしか見えなかったと語りで締めくくられる。

「藤沢周平作品ゆかりの地案内板」参照 案内板 12 と 4
| 藤沢周平 | 14:15 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 14:15 | - | - |
コメント
初めてメールいたします
わたくしは現在貴方様のふるさとで高速道路のトンネルを施工している者です。
趣味で坐禅とギターをしているものでございます。先日、羽黒の玉川寺に座禅に行きましたら『花のあと』の撮影があるのを知り検索しましたらこのブログにたどり着いて物です。
楽しく読ませていただきました。
まずはお礼まで。
| 西川 | 2009/03/19 8:36 AM |

西川さま、嬉しいコメントをありがとうございます。

ふるさとに帰る度にトンネル工事現場を見て時代の流れを感じていました。
今後も安全に工事が進むよう願っています。

「花のあと」映画ですか?ドラマですか?? 
今、庄内は「おくりびと」の影響もあり映画にまつわる話題が多く県外に居てもその熱気が伝わってくるようです。

西川さまが座禅に行った玉川寺のご住職とは知人を通し御会いし一緒に円卓を囲み二胡の演奏を聴いた仲ですのでこれまた縁を感じます。

このブログアップから間もなく二年ですが また庄内へ足を運びたくなりました。

| junction | 2009/03/19 9:25 AM |

メール確認しました
ありがとうございます
安全にがんばります。(完成しますと東北で一番長い道路トンネルとなります、6kmあります)
『花のあと』は映画です、市の観光課よりエキストラを募集しているようです。
まずはお礼まで
                       西川
| 西川幸一 | 2009/03/19 9:50 AM |

西川さま

私も映画「花のあと」について調べてみました。
「山桜」と同じ制作会社が手がけるということなので楽しみです。

以登を誰が演じるのか?興味津々です。
| junction | 2009/03/19 12:09 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://h-junction.jugem.jp/trackback/47
トラックバック
湯田川温泉の周辺情報(宿)
湯田川温泉の周辺情報(宿)
| 旅を連想するようなページにしようと思います。 | 2007/05/22 10:39 PM |