ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
チェン・ミン discography
藤沢周平作品
SPONSORED LINKS

feel the moon 〜ミン友だより〜

二胡奏者のチェン・ミンさんの大ファンの私が発信するファンだより。 二胡関連の音楽や私の二胡練習記録など、、、、ミン友&二胡友の集まるブログになればいいな〜
<< 明日の「土曜マルシェ」にチェンミン出演 | main | 「シルクロードを旅するコンサート」の舞台裏 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「シルクロードを旅するコンサート」を観て
 6.19セットリスト2011.6.19(日)
りゅーとぴあ能楽堂にてシルクロードを旅するコンサートが行なわれ相方と出かけてきました。

ぎゃらりぃ茶ろん 杜々さんで知り合ったこのコンサートの仕掛人?キーボードの中林さん

杜々さんの「赤っ恥大会」での迷!?司会者でもある白神さん

新潟における二胡の先駆者の東條先生(二胡の先生でもありますが本業がある先生なので)が出演していますので楽しみにしていたんです。

コンサート名やプログラムでおわかりのようにシルクロードにまつわる国々の音楽を奏でてくれます。

私は早い段階でチケットを手に入れてましたがチケットがSOLD OUTで 能楽堂がお客さんで溢れてます。

司会&朗読担当の白神さん、当たり前ですがこのコンサートでは私の知る”楽しい毒舌”の白神さんではない非常に真面目な姿を披露くださいました

その朗読の世界観は素晴らしくお客様をシルクロードの世界へ誘ってくださいました。

琴人<コンサート後、お客様を見送る琴人のお二人をパチり>

 オープニングにつづいて

中国担当の「琴人」さん:演奏を聴きながら私もこんな雰囲気の中 あのような素晴らしい演奏をいつの日にか出来るようになるのか?と。

今の自分に出来ること、足りないこと、これからの二胡との関わり方をずっと考えてました。


独学なのにこのレベルまでの演奏をされる東條先生、同じ独学で二胡を演奏する私にとっての憧れの存在です。


中林さん、演奏では決して目立とうはせず裏方?に徹していましたが参加された曲は全て楽曲や二胡の音色を引き立てる重厚なアレンジがなされていて

そして何よりも作曲者としてコンポーザーとしてイベントプロデューサーとして素晴らしい才能を発揮してました

モンゴル担当 馬頭琴のウルグンさん:白神さんの語りで紹介された「スーホの白い馬」の物語を聞いてからの馬頭琴の音はグッと来るものがありました。
相方などは語りですでに泣きそうだったとか

インド担当のでぃがでぃなエチゴさん:シタールの存在はビートルズのジョージやレッドツェッペリンのジミー・ページが手にしてたことで知っていましたが実際に生で聴くのは今回が初めて。
きっと、聴いているより演奏している側の方が楽しいんだろうな?って雰囲気が
何よりタブラという打楽器の音色に魅力を あんな小さな打楽器が実に多彩な音を出すのでビックリでした。

日本担当の薫風之音(くんぷうのおと)さん:やはり日本人だな〜と感じさせる実にスンナリと身体に入ってくる琴と尺八でした。

曲もオリジナル曲が多いようですし「月の雫」という曲は好きです。
やはりタイトルに”月”と入る曲はどこか寂しげでありながら身体の奥底の”何か”を呼び起こすような”響き”がありますね。

ラストは全員で中林さん作曲の『悠久の時を超えて』も素晴らしい楽曲を、アレンジも中林さんと聞きいています。

大盛況だったこの日のコンサート、早くも来年の開催も決まったとか?本当に楽しみです。

JUGEMテーマ:音楽
| 二胡 | 22:49 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:49 | - | - |
コメント
コメントする